サファイア

高貴なる歴史

昔から王者の貴石として讃えられてきたサファイア。西洋では何世紀にも渡り、王や女王が身に着けてきた貴重な宝石です。伝統的に、サファイアの鮮やかでリッチな色合いには、高貴、真実、ロマンスという意味合いがあり、融和や誠実さの象徴として愛されてきました。世界中のグラフサロンでは、卓越したサファイアジュエリーをご用意して皆さまをお待ちしております。

サファイア&ダイヤモンド ネックレス

色彩の雫

バゲットカット ダイヤモンドのラインが描くアーティスティックなモチーフの先端で、大粒のビルマ産サファイアが眩い煌めきを放つネックレスは、ため息が出るほどの美しさで見る人を魅了します。32カラットを超える大粒のサファイアは、極上のサファイアの産地として名高いビルマ産ならではの深く鮮やかな天然のブルーの彩を宿しており、その周囲にはシャープに輝くバゲットカットダイヤモンドが美しい輝きを添えています。

32.22カラット ビルマ産クッションカット サファイア&ダイヤモンドネックレス(ダイヤモンド トータル24.75カラット)

サファイア&ダイヤモンド ブレスレット

独創的なデザイン

大粒のペアシェイプ&マーキスカット ダイヤモンドが織り成す煌めきの小路に、鮮やかなブルーに輝く極上のエメラルドカット サファイアがセッティングされた壮麗なブレスレット。トータル50カラットを超えるのダイヤモンドとおおよそ25カラットのサファイアが様々な角度でリズミカルに敷き詰められており、手元を動かすたびに眩い光を放ちます。

サファイア&ダイヤモンドブレスレット(サファイア 24.97カラット、ダイヤモンド 50.52カラット)

比類のない美しさ

ロイヤルブルーサファイア

丸みを帯びたシルエットとロイヤルブルーを湛える極上のカボションカット サファイアは、その官能的なシェイプと深いブルーの色相によって、グラフの荘厳なハイジュエリーを深くドラマティックに演出してくれます。

ファミリービジネス

デザイン画は水彩絵の具で描かれ、最初にローレンス・グラフに届けられます。彼がクリエイティブな意思決定のプロセスを統括しているのです。グラフのサファイアジュエリーは洗練されたエレガンスと美しいラインが特徴的であり、特に美しいサファイア自体にフォーカスする創りになっています。

”経験豊かなグラフのジェモロジストたちは、世界最高のサファイアを探し出し、極上のジュエリーを創り出すことに絶えず挑戦しています。”

-ローレンス・グラフ