極上のカラーダイヤモンド

自然の奇跡

おそらく極上のカラーダイヤモンド以上に、壮麗な美しさと希少価値を持つ貴石はこの世に存在しません。世界で最も魅力的でミステリアス、その数も非常に少ない希少な宝石です。世界で最も歴史的なピンクダイヤモンドとブルーダイヤモンドの多くは、ハウス オブ グラフを通じてこの世に送り出されました。神秘的で魔法のような美しさを讃えた極上のカラーダイヤモンドジュエリーとして、丁寧に創り出されています。

ペアシェイプ ピンクダイヤモンド リング

ザ グラフ レソト ピンクダイヤモンド

2019年、ローレンス・グラフがこれまで出会った中で最も鮮やかであると語った13.33カラットを誇る極めて希少なピンクダイヤモンドの原石「グラフ レソト ピンクダイヤモンド」がアフリカにあるレソト王国で発掘されました。そこから切り出された5.63カラットのファンシービビッド パープリッシュピンク ペアシェイプダイヤモンドは、極めて美しい色彩と深みを湛え、それはグラフのマスタークラフツマンの技術が生み出した賜物であると言えます。


5.63カラット ファンシー ビビッド パープリッシュピンク ペアシェイプ ダイヤモンド リング(6.71カラット)

パーフェクトピンク

ピンクダイヤモンドはこの上なくロマンティックです。私たちは極めて鮮やかであり、いきいきとした色彩を湛える極上の宝石を捜し求める中で一生に一度の発見と出会い、驚異的な輝きを放つジュエリーをクリエイトしています。

“私がこれまで出会った中で、最も鮮やかなピンクダイヤモンド原石であり、極めて希少性の高い宝物です。”

- ローレンス・グラフ


万華鏡のような色彩

グラフがある特定の鉱山から採掘されたカラーダイヤモンドすべてを用い、ひとつの壮大なジュエリーをクリエイトすることは初めてのことではありません。 その色とりどりの色彩と輝きで創りだした驚異的な美しさを放つ類をみないジュエリーは、最も目の肥えたダイヤモンド愛好家をうならせています。

Complementary Colour

There is an art to combining diamonds and gemstones. To achieve a harmonious balance, our designers pair white diamonds with coloured stones in a way that will amplify their hue and better reveal their unique beauty.

ピンク&ホワイト ダイヤモンド ブローチ

至高の輝き

ピンクダイヤモンドのこの上ない美しさへの賛辞ともいえるこのフローラルブローチは、おおよそ20カラットもの魅惑的なピンクダイヤモンドと眩いホワイトダイヤモンドの輝きできらめく花びらを創りだしています。

ピンク&ホワイトダイヤモンド ブローチ(64.83カラット)

計り知れない希少性

300石ものピンクダイヤモンドがあしらわれたジュエリーはこの世のものとは思えないほど美しい輝きにあふれています。グラフは類まれなマスターピースをクリエイトするため、長い歳月をかけてカラーダイヤモンドを探しコレクションしています。神秘的な美しさをもつジュエリーは、自然が創りだした最も優れた創造物の卓越した美しさを称え唯一無二のジュエリーへと生まれ変わるのです。

最も希少かつ貴重なダイヤモンドは、すべての工程においてインスピレーションを与えてくれます。

- ローレンス・グラフ


カラーダイヤモンドの伝説

グラフに足を踏み入れれば、そこはまるで別世界のようです。

1984

ザ インペリアル ブルー

ザ インペリアル ブルーは1984年にグラフにより入手されました。39.31カラットの驚異的な貴石、それは世界最大のファンシーブルー フローレス ダイヤモンドです。その鮮明で、氷のように涼しげな色合いは、その美しいペアシェイプカットにより際立たされ、奥深くで色濃いブルーカラーを放つ中心部へと導かれていきます。極めて独特なクリエーションである、ザ インペリアル ブルーは、地球上で最も希少なブルーダイヤモンドのひとつです。.

2010

The Graff Pink

ローレンス・グラフが60年以上市場に出回っていなかった非常に重要な24.78カラットのファンシーインテンスピンク エメラルドカット ダイヤモンドをオークションで購入したとき、そのダイヤモンドは新しい大きな可能性を見出されることが約束されたのです。 専門家たちによる細かい調査のもと、フローレスである可能性を示唆されたダイヤモンドは、グラフのマスターカッターによって再び研磨を施されることとなりました。まず、ダイヤモンドの表面近くにある合計25個の内包物を巧みに磨き上げて取り除き、石の彩度を最高のカラーグレードに引き上げるという非常に難しい作業を、グラフの高度な技をもつ職人によって施されました。そのダイヤモンドは約束されていた通り、非常に珍しい23.88カラットのインターナリーフローレスファンシービビッドピンクダイヤモンドとして生まれ変わり、新しく「グラフ ピンク」と名付けられられました。まさにグラフの匠の職人たちによって偉業が成し遂げられたのです。

2009

ザ ヴィッテルスバッハ-グラフ

ホープダイヤモンドと同じゴルコンダ鉱山で発掘されたザ ヴィッテルスバッハ-グラフのブルーダイヤモンドは、この色合いのダイヤモンドとしては他にはない、31.06カラットもの驚異的な大きさを誇ります。このブルーダイヤモンドには堂々たる王者の神秘的な色合いが深くしみ込み、威厳のある重厚な輝きを放っていました。それはヨーロッパ君主国の様々な王朝時代に、数多くの王冠を飾ってきた特別なブルーダイヤモンドだったからです。ローレンス・グラフがこの宝石を手に入れたとき、彼は勇敢にもこの歴史ある宝石を再び磨き上げようと決意します。風化してしまった表面を丹念に再度研磨し、カラーを更に鮮やかにし、生まれ変わらせるという一大プロジェクトに、強い熱意を持って挑戦しました。その結果、これまでに発見された中で最大のファンシーディープブルー、インタナリーフローレスダイヤモンド、ザ ヴィッテルスバッハ-グラフ を誕生させる事に成功したのです。


歴史的ダイヤモンド

ダイヤモンド史を綴ってきた数々の宝石の物語をご紹介いたします。