ザ グラフ レセディ ラ ロナ

歴史を塗り替えた宝石

302.37カラットのザ グラフ レセディ ラ ロナは、米国宝石学会(GIA)によって最大の大きさかつ最上位のカラーとクラリティを有すると認定されました。この世界最大のスクエアエメラルドカット ダイヤモンドには、ジェモロジストと熟練のポリッシャーを擁するグラフの精鋭チームにより卓越したカットとポリッシュが施されています。18か月以上にも及ぶ緻密な職人技を要した奇跡の原石は、ダイヤモンド史に歴史的瞬間を刻む事となりました。1,109カラットの原石「ザ レセディ ラ ロナ」が貴重なダイヤモンドになるまでのストーリーをご覧ください。

ザ グラフ レセディ ラ ロナ

米国宝石学会より認定された最大の大きさかつ最上位のカラーとクラリティを有するダイヤモンド

302.37カラット

専門家の分析

綿密な計画

グラフのジェモロジストは、ザ レセディ ラ ロナの大きさに対応できるよう開発された非常に高性能なソフトウェアを用い、内包物を正確に探るべくダイヤモンドを詳細に調査しました。最初の分析では、1粒300カラットのダイヤモンドを切り出すのは難しいとの判断に至りましたが、ローレンス・グラフは、ジェモロジストと熟練のポリッシャーから成る精鋭チームとともに、この難題に挑戦することを決意し、偉業を成し遂げることとなるのです。

最先端の技術

正確なレーザー技術

原石に最初の切込みを入れるにあたり、最新のアートレーザーが使用されました。この分野のエキスパートであり、クラシック音楽の専門家でもあるグラフのマスタークラフツマンが、その耳の良さを生かしてレーザーと原石が触れることによって発するスムーズな音の流れを聞き分け、この上ないカッティングを施す事に成功しました。

精鋭チーム

比類ないポリッシュ技術

ダイヤモンド原石は母なる大地の大切な財産であり、希少かつ繊細な特異性を併せ持つ複雑な結晶です。ザ グラフ レセディ ラ ロナの表面を滑らかかつ最大限の輝きを放つように仕上げるには、何百時間ものポリッシュ作業を要します。グラフのマスタークラフツマンが、何十年にもわたり積み重ねてきた匠の技と豊富な経験によってこそ成しえた非常に複雑で困難な作業でした。

“私のダイヤモンドへの想いは生涯変わることはありません。ザ グラフ レセディ ラ ロナを世に送り出すことができたことは言葉では言い表せないほど名誉なことです。”

ローレンス・グラフ

驚きの成果

マスターピースの誕生

最先端の技術と高い芸術性を融合して生まれた302.37カラットのザ グラフ レセディ ラ ロナは、GIAによる鑑定で、対称性、驚異的なサイズ、そして高い透明度を誇る世界最大のスクエアエメラルドカット ダイヤモンドであることが証明されました。グラフの精鋭チームは、ローレンス・グラフからの命題をクリアするとともに、これ以上ない成果を上げることに見事に成功したのです。

比類ないダイヤモンドたち

歴史的コレクション

ザ レセディ ラ ロナの原石から302.37カラットのザ グラフ レセディ ラ ロナの他に、1カラット以下から26カラットを超えるダイヤモンドまで、トータルで66粒の美しいダイヤモンドが誕生しました。すべてのダイヤモンドには「Graff」、「Lesedi La Rona」およびダイヤモンド固有のGIAナンバーがレーザーで刻印されているほか、グラフおよびGIAによるサーティフィケートが添えられています。

Scan via WeChat App to follow Graff