イエローダイヤモンドの神秘

宝石が歓びをもたらすものだとしたら、イエローダイヤモンドは、歓びや幸福感を与える無類の存在です。19世紀後半までは、ごくわずかしか発掘されることのなかったイエローダイヤモンドですが、今日では、多くの人が憧れる大変人気の高い宝石の一つとなりました。いち早く、この宝石の美しい黄金色の煌めきにスポットを当てたのが、グラフの創業者ローレンス・グラフです。

革新的なカッティング技術により、イエローダイヤモンドのカラーは最大限に引き出され、数多くの比類なきイエローダイヤモンドがグラフから誕生しました。科学的な見地からその美しいカラーを説明すると、ホワイトダイヤモンドとイエローダイヤモンドを隔てたのは、窒素の存在でした。GIA(米国宝石学会)が定めるD~Zのダイヤモンドのカラーグレードにおいて、イエローダイヤモンドは、カラーグレードのZ以降に「ファンシー」と名の付くグレーディングが始まっており、非常に幅広い色彩と豊かな魅力を誇っています。

中でも「ファンシーライトイエロー」から、色と彩度の完璧なバランスを有する最上級の「ファンシービビッドイエロー」に至るまでに4つのグレードがあり、カラーグレードが上がるほど大変高く評価されます。ダイヤモンドのカラーを最大限に引き出す上で重要となるのがカッティング作業です。グラフでは、最低でも10年以上の経験を持つマスターカッターのみに任され、それはまさに、匠の技と言える高度な技術です。30億年ほど前から地球の奥深くで形成されてきた計り知れないほど希少なダイヤモンド原石は、今もなお大地の中で成長を続け、いつの日か発見される日が来るのをじっと待っているのです。

グラフが入手した原石や手掛けた最上級のイエローダイヤモンドをご覧ください。どれもダイヤモンド史に名を残す究極のイエローダイヤモンドです。

ザ ピース ダイヤモンド

2017年、グラフは709カラットの「ザ ピース ダイヤモンド」を入手しました。シエラレオネで産出された中で2番目の大きさを誇るこのダイヤモンド原石から誕生するイエローダイヤモンドは、グラフの名高いダイヤモンド史にやがて名を連ねる宝石としてこの世に誕生することになるでしょう。

ザ グラフ サンフラワー

107.46カラットのファンシーイエローダイヤモンド「ザ グラフ サンフラワー」は、魅惑的な美しい色彩を湛え、優美な輝きと力強い煌めきを放つエレガントなクッションカット イエローダイヤモンドです。

ザ ゴールデン エンプレス

グラフの名だたるイエローダイヤモンドの中でも、「ザ ゴールデン エンプレス」の彩度は、最高グレードの美しい豊潤な輝きを放ちます。レソト王国で発見された299カラットの原石からカットされた、132.55カラット のファンシーインテンスイエロー クッションカット ダイヤモンドが称える豊かな色は、唯一無二の輝きで見る人を魅了します。

ザ ドゥレア サンライズ

南アフリカで採掘された極めて希少な八面体の221.81カラットの原石から切り出された118.08カラットのイエローダイヤモンドは、ファンシービビッドイエロー スクエアエメラルドカット ダイヤモンドとして生まれ変わり、GIAより世界最大と認定された極上のイエローダイヤモンドです。

ザ スター オブ ボンベイ

「ザ スター オブ ボンベイ」は、ローレンス・グラフが最初に世に発表した歴史的ダイヤモンドです。1974年、47.39カラットのスクエアエメラルドカット イエローダイヤモンドを入手し、再研磨を施したこのイエローダイヤモンドが、グラフのダイヤモンド史の最初の1ページとなり、グラフにとって重要な意味をもたらす宝石となったのです。

グラフのイエローダイヤモンドジュエリーを見る

繊細に煌めくものから荘厳な輝きを放つものまで、燦々と輝くイエローダイヤモンドをご紹介します。

さらに見る

Scan via WeChat App to follow Graff